一般社団法人金融先物取引業協会

参考問題・解答

金融商品取引法により、金融商品取引業者等は、お客様との取引を行う場合、店頭通貨関連バイナリーオプション取引が、お客様に適した金融商品であるか確認するために、お客様の個人情報その他の事項をお尋ねしています。このうち、お客様にバイナリーオプション取引を正しくご利用いただくために必要となる知識について、いくつかのご質問などを用い、確認させていただくこととしています。バイナリーオプション取引のための基礎的な知識の確認例として、参考問題とその解答を掲載いたしましたので、ご活用ください。

1. 仕組み

2. 方法

3. 概要

4. リスク

5. 計算

1. 仕組み

《問1》

次の文章について、金融商品としてのオプションの基本的な内容を示すものとして、正しければ○、誤っていれば×を選択。

オプションとは、一定の期間内(又は特定の期日)に、あらかじめ定めた価格によって原資産を買い取る(又は売り渡す)ことができる権利をいい、オプションの所有者は、一定の期間内(又は特定の期日)には、あらかじめ定めた価格によって原資産を必ず買い取らなければ(又は売り渡さなければ)ならない。

解答
×

《問2》

次の文章について、通貨オプションの説明として、正しければ○、誤っていれば×を選択。

通貨オプションとは、通貨を原資産とし、一方の通貨を売って、他方の通貨を買う権利である。たとえば円とドルをペアとする場合、円を売ってドルを買うものを、円プット/ドルコールオプション、略してドルコールオプションと呼び、ドルを売って円を買うものを、円コール/ドルプットオプション、略してドルプットオプションと呼ぶ。

解答

《問3》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

オプションには、権利行使によって、実際に原資産を受け渡すものと、原資産の時価と権利行使価格の差額を授受するものがある。このうち、原資産の時価と権利行使価格が一定の条件を満たした場合には一定の金銭を支払うものをバイナリーオプションと呼ぶ。

解答

《問4》

次の文章について、通貨オプション取引の説明として正しければ○、誤っていれば×を選択。

円以外の通貨ペアを原資産とする差金決済型の通貨オプションであって、オプション料や権利行使時の決済が円により行われるものは、対象とする通貨ペアによる決済額を算出し、円転のための計算をして金額を確定する仕組みとなっている。

解答

《問5》

次の文章について、バイナリーオプションの説明として、正しければ○、誤っていれば×を選択。

バイナリーオプションは、権利行使期日の原資産価格が権利行使価格に達した場合、あらかじめ定めた一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利であり、対象となる原資産を売買する権利ではない。

解答

《問6》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションとは、オプションの満期を権利行使時刻として定め、権利行使時刻に自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われるオプションのみを意味する。
  • バイナリーオプションには、オプションの満期を権利行使時刻として定め、権利行使時刻に自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われる一般的なバイナリーオプションのほか、レンジバイナリーオプション、ワンタッチバイナリーオプション、ノータッチバイナリーオプションなどの複数の種類がある。
解答
(2)

《問7》

次の文章について、バイナリーオプションの説明として、正しければ○、誤っていれば×を選択。

バイナリーオプションには、単にオプションの満期を権利行使時刻として定め、権利行使時刻にインザマネーの場合に限り自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われる、一般的な内容のもののほか、レンジバイナリーオプションやワンタッチバイナリーオプション、ノータッチバイナリーオプションなどの複数の種類がある。

解答

《問8》

次の文章について、通貨バイナリーオプションの説明として、正しければ○、誤っていれば×を選択。

通貨バイナリーオプションは、通貨ペアを対象とし、通貨ペアの交換レートを権利行使価格として、権利行使時点の両通貨のレートが権利行使価格を上回るか、下回るかにより、権利行使によるペイアウトの有無を判定し、決済するオプションである。たとえば、ドル円のコールバイナリーオプションは、ドルを基準とし、権利行使価格に対して判定価格がドル高=円安となればペイアウトとなり、判定価格がドル安=円高となればペイアウトは発生しない。

解答

《問9》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • 通貨バイナリーオプションのうち、例えばドル円を原資産とし、円安になればペイアウトを受け取る権利は、ドル円のバイナリーコールオプションと呼ぶ。
  • 通貨バイナリーオプションのうち、例えばドル円を原資産とし、円安になればペイアウトを受け取る権利は、ドル円のバイナリープットオプションと呼ぶ。
解答
(1)

《問10》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • 通貨バイナリーオプションのうち、例えばドル円を原資産とし、円高になればペイアウトを受け取る権利は、ドル円のバイナリープットオプションと呼ぶ。
  • 通貨バイナリーオプションのうち、例えばドル円を原資産とし、円高になればペイアウトを受け取る権利は、ドル円のバイナリーコールオプションと呼ぶ。
解答
(1)

《問11》

次の文章のうち、権利行使価格1ドル100円、ペイアウト1,000円のドル円のコールバイナリーオプションを500円で売付けし、判定価格が1ドル99円となったケースについて、正しいものを選択。

  • 権利行使が行われ、1,000円のペイアウトを支払う。
  • 権利行使は行われず、ペイアウトを支払わない。
解答
(2)

《問12》

次の文章のうち、権利行使価格1ドル100円、ペイアウト1,000円のドル円のプットバイナリーオプションを500円で売付けし、判定価格が1ドル99円となったケースについて、正しいものを選択。

  • 権利行使が行われ、1,000円のペイアウトを支払う。
  • 権利行使は行われず、ペイアウトを支払わない。
解答
(1)

《問13》

次の文章のうち、権利行使価格1ドル100円、ペイアウト1,000円のドル円のコールバイナリーオプションを500円で買付し、判定価格が1ドル99円となったケースについて、正しいものを選択。

  • 権利行使が行われ、1,000円のペイアウトを受け取る。
  • 権利行使は行われず、ペイアウトを受け取ることができない。
解答
(2)

《問14》

次の文章のうち、権利行使価格1ドル100円、ペイアウト1,000円のドル円のプットバイナリーオプションを500円で買付し、判定価格が1ドル99円となったケースについて、正しいものを選択。

  • 権利行使が行われ、1,000円のペイアウトを受け取る。
  • 権利行使は行われず、ペイアウトを受け取ることができない。
解答
(1)

《問15》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

ペイアウト1,000円のバイナリーコールオプションを500円で買付し、判定の結果、権利行使条件が満たされた場合には、買い手は売り手からペイアウトとして1,000円を受け取り、したがって買い手の損益は、売り手に支払った500円のオプション料を差し引き500円の利益となる。

解答

《問16》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

ペイアウト1,000円のバイナリーコールオプションを500円で売付し、判定の結果、権利行使条件が満たされた場合には、売り手は買い手に対するペイアウトとして1,000円を支払わなければならず、したがって売り手の損益は、買い手から受け取った500円と差し引き500円の損失となる。

解答

2. 方法

《問17》

次の文章のうち、オプションの取引手法として、正しいものを選択。

  • 保有する原資産の今後の価格下落を回避(ヘッジ)するため、原資産のコールオプションを取得した。
  • 保有する原資産の今後の価格下落を回避(ヘッジ)するため、原資産のプットオプションを取得した。
解答
(2)

《問18》

次の文章のうち、オプションの取引手法として、正しいものを選択。

  • 将来取得する予定の原資産の値上がりを補うため、原資産のコールオプションを取得した。
  • 将来取得する予定の原資産の値上がりを補うため、原資産のプットオプションを取得した。
解答
(1)

《問19》

次の文章のうち、通貨オプション取引の投資方法として、正しいものを選択。

  • 原資産価格が大きく騰落することを予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて取得した。
  • 原資産価格が大きく騰落することを予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて付与(売却)した。
解答
(1)

《問20》

次の文章のうち、通貨オプション取引の投資方法として、正しいものを選択。

  • 原資産価格の騰落幅が小さいと予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションを付与(売却)し、原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションを取得した。
  • 原資産価格の騰落幅が小さいと予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて付与した。
解答
(2)

《問21》

次の文章のうち、オプションの投資方法として、正しいものを選択。

  • カバ-ド・オプションとはオプションの売りポジションをカバ-するような原資産を保有し、オプションを売ることである。
  • カバ-ド・オプションとはオプションの買ポジションをカバ-するような原資産を保有し、オプションを買うことである。
解答
(1)

《問22》

次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリーコールオプションを買い付けた。
  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリーコールオプションを買い付けた。
解答
(1)

《問23》

次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリープットオプションを売付けた。
  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリープットオプションを売付けた。
解答
(1)

《問24》

次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリープットオプションを買い付けた。
  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリープットオプションを買い付けた。
解答
(2)

《問25》

次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリーコールオプションを売付けた。
  • 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリーコールオプションを売付けた。
解答
(2)

《問26》

次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

  • コールオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を加算した価格が損益分岐点である。
  • コールオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を差し引いた価格が損益分岐点である。
解答
(1)

《問27》

次の文章のうち、プレーンオプション投資について、正しいものを選択。

  • プットオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を加算した価格が損益分岐点である。
  • プットオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を減算した価格が損益分岐点である。
解答
(2)

《問28》

次の文章のうち、バイナリーオプションを利用したヘッジ取引について、正しいものを選択。

  • ヘッジ対象とする資産と同額のペイアウト額となる数量のバイナリーオプションを取得すれば、ヘッジ対象資産の損失の100%ヘッジが可能となる。
  • ペイアウトは固定されているので、バイナリーオプションを利用したヘッジは、ヘッジ対象資産の損失の一部を補うものとして行う必要がある。
解答
(2)

《問29》

次の文章のうち、バイナリーオプションを利用した取引方法の説明として、正しいものを選択。

  • 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリープットオプションと権利行使価格の低いバイナリーコールオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の中であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。
  • 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリーコールオプションと権利行使価格の低いバイナリープットオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の中であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。
解答
(1)

《問30》

次の文章のうち、バイナリーオプションを利用した取引方法の説明として、正しいものを選択。

  • 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリープットオプションと権利行使価格の低いバイナリーコールオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格で作られた価格帯の外となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の外であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。
  • 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリーコールオプションと権利行使価格の低いバイナリープットオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格で作られた価格帯の外となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の外であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。
解答
(2)

3. 概要

《問31》

次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引の説明として、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションの取引期間(満期)は2時間以上であり、全ての取引は取引期間の開始時点で成立し、成立したポジションは、判定によってのみ決済となる。
  • バイナリーオプションの取引期間(満期)は2時間以上であり、原則として取引期間中は自由に取引することができる。
解答
(2)

《問32》

次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプションの説明として、正しいものを選択。

  • 買付または売付したバイナリーオプションは、全て判定により決済されるので、判定時刻より前に決済することはできない。
  • 買付または売付したバイナリーオプションは、反対売買(又は解約)により、判定時刻より前に決済することができる。
解答
(2)

《問33》

次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者又は登録金融機関が、日本国内で個人投資者向けに取引する店頭バイナリーオプションの説明として、正しいものを選択。

  • 通貨関連バイナリーオプションのショートポジションは、他の通貨関連オプションのショートポジションとは異なり、ロスカット規制の対象となる金融商品ではないため、ロスカットされることはない。
  • 通貨関連バイナリーオプションのショートポジションは、他の通貨関連オプションのショートポジションと同様に、ロスカット規制の対象となる金融商品であり、ロスカットされることがある。
解答
(2)

《問34》

次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者又は登録金融機関が、日本国内で個人投資者向けに取引する店頭バイナリーオプションの説明として、正しいものを選択。

  • 通貨関連バイナリーオプションのショートポジションは、あらかじめ必要証拠金を業者に預託して取引を行い、取引成立後に証拠金が不足した場合には追加証拠金を業者に預託する必要がある。
  • 通貨関連バイナリーオプションのショートポジションは、あらかじめ必要証拠金を業者に預託して取引を行うが、取引成立後には追加証拠金が必要となることはない。
解答
(1)

《問35》

次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者又は登録金融機関が、日本国内で個人投資者向けに取引する店頭バイナリーオプションの取引方法の説明として、正しいものを選択。

  • 各業者は顧客との取引に限度額を定めており、顧客の一定期間の取引額や損失額、顧客が保有する建玉が基準を超えた場合には、顧客との取引を中断あるいは中止する場合がある。
  • 各業者は顧客との取引に限度額を定めているが、顧客の一定期間の取引額や損失額、顧客が保有する建玉が基準を超えた場合であっても、顧客との取引を中断あるいは中止することはない。
解答
(1)

《問36》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • オプション取引にはヨ-ロピアンタイプとアメリカンタイプがあり、権利行使期間の満期時だけに権利行使できるものをヨーロピアンタイプという。
  • オプション取引にはヨ-ロピアンタイプとアメリカンタイプがあり、権利行使期間の満期時だけに権利行使できるものをアメリカンタイプという。
解答
(1)

《問37》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をインザマネーという。
  • コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をインザマネーという。
解答
(1)

《問38》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をアウトオブザマネーという。
  • コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をアウトオブザマネーという。
解答
(2)

《問39》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

コールオプション、プットオプション共に、原資産の価格が権利行使価格と同じ状態をアットザマネーという。

解答

《問40》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をアウトオブザマネーという。
  • プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をアウトオブザマネーという。
解答
(1)

《問41》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をインザマネーという。
  • プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をインザマネーという。
解答
(2)

《問42》

次の文章のうち、オプションに係る用語の説明として、正しいものを選択。

  • 権利行使価格とは、権利行使により原資産を購入または売却する価格であり、バイナリーオプションの場合には、ペイアウトの発生の有無を判断する基準価格である。
  • 権利行使価格とは、権利行使により原資産を購入または売却する価格であるが、バイナリーオプションには原資産を売買する権利ではないので、権利行使価格はない。
解答
(1)

《問43》

次の文章のうち、バイナリーオプションに係る用語の説明として、正しいものを選択。

  • 判定価格とは、権利行使時点の原資産価格であり、権利行使価格と比較し、ペイアウトの有無を判断するための価格をいう。
  • 判定価格とは、権利行使価格のことで、原資産の時価と比較し、ペイアウトの有無を判断するためのあらかじめ決定された基準価格をいう。
解答
(1)

《問44》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

ペイアウトとは、バイナリーオプションにおいて、あらかじめ定められた権利行使条件を満たし、権利行使が行われた結果、オプションの売り手が買い手にあらかじめ定めた金銭を支払うことをいい、支払われる額をペイアウト額という。

解答

《問45》

次の文章について、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関の取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引に関し、正しければ○、誤っていれば×を選択。

店頭通貨バイナリーオプション取引では、取引期間中の為替レートが一方向に想定以上に動き、アットザマネー周辺で適切な取引が継続できる権利行使価格が無くなった場合には、途中で権利行使価格を追加することがある。ただし、権利行使価格が追加された場合であっても、それまで利用した権利行使価格は引き続き取引を行い、またその取引価格が、権利行使価格の追加の影響を受けることはない。

解答

《問46》

次の文章について、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関の取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引に関し、正しければ○、誤っていれば×を選択。

バイナリーオプション取引では、判定価格が重要である。個人向け店頭通貨関連バイナリーオプション取引を取り扱う場合には、自社が決定する判定価格について、ミスや作為的な操作が行われていないか自ら点検するほか、第三者の提供するレートデータを用いる場合でも、データに誤りがないか点検している。

解答

《問47》

次の文章について、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関の取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引に関し、正しければ○、誤っていれば×を選択。

店頭通貨バイナリーオプション取引については、顧客との間で行われた全取引の損益結果をまとめ、自社のホームページにおいて情報を公開し、顧客が取引開始前、あるいは取引を行っている間いつでも、その情報を確認し、冷静な判断の下にお取引いただけるための、様々な環境整備に努めている。

解答

《問48》

次の文章のうち、日本国内に居住する投資者に対する通貨関連店頭オプション取引の課税について、正しいものを選択。

  • 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の利益は課税対象となる。
  • 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の利益は全て非課税である。
解答
(1)

《問49》

次の文章のうち、日本国内に居住する投資者に対する通貨関連店頭オプション取引の課税について、正しいものを選択。

  • 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の損益は、FXや有価証券関連店頭オプションの損益と通算することができる。
  • 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の損益は、FXや有価証券関連店頭オプションの損益と通算することができない。
解答
(1)

《問50》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • 通常、店頭バイナリーオプション取引契約では、取引契約成立(約定)後、一定期間まではクーリングオフを行うことができる。
  • 特別の取り決めがなされる場合を除き、店頭バイナリーオプション取引契約成立(約定)後においてクーリングオフを行うことはできない。
解答
(2)

4. リスク

《問51》

次の文章のうち、オプションの買い手の権利・義務について、正しいものを選択。

  • オプションの買い手は、権利行使をしなくても、オプションの売り手にオプション料を支払わなければならない。
  • オプションの買い手は、権利行使をしなかった場合には、オプションの売り手にオプション料を支払わない。
解答
(1)

《問52》

次の文章のうち、オプションの買い手の権利・義務について、正しいものを選択。

  • オプションの買い手は、必ず権利を行使し、オプションの売り手との間で、原資産の売買に伴う決済をしなければならない。
  • オプションの買い手は、権利を放棄することができる。放棄した場合には、オプションの売り手との間での原資産の売買は成立しない。
解答
(2)

《問53》

次の文章のうち、オプションの売り手の権利・義務について、正しいものを選択。

  • オプションの売り手は、買い手が権利行使した場合に限り、買い手からオプション料を受け取ることができる。
  • オプションの売り手は、買い手が権利行使を放棄した場合でも、買い手からオプション料を受け取ることができる。
解答
(2)

《問54》

次の文章のうち、オプションの売り手の権利・義務について、正しいものを選択。

  • オプションの売り手は、買い手が権利を行使した場合には、必ずその決済に応じなければならない。
  • オプションの売り手は、買い手が権利を行使した場合には、その決済を拒否することができる。
解答
(1)

《問55》

次の文章のうち、一般的なオプションの性質について、正しいものを選択。

  • オプションのレバレッジ効果により、買い手、売り手ともにオプション料に比べて数倍の損益が生じる可能性がある。
  • オプションのレバレッジ効果により、買い手はオプション料に比べ数倍の利益が得られる可能性があるが損失はオプション料に限られ、逆に売り手は利益がオプション料に限られるが損失はオプション料の数倍となる可能性がある。
解答
(2)

《問56》

次の文章のうち、プレーンオプションの買い手の損益について、正しいものを選択。

  • プレーンオプションの買い手は、自分に不利なときには権利放棄するので、買い手の最大損失額はオプション料、利益額は原資産価格と権利行使価格の差からオプション料を引いた額となり、原資産価格が無限大ならば、利益も無限大となる。
  • プレーンオプションの買い手は、必ず権利行使するので、原資産価格が無限大とすれば、損失額も利益額も無限大となる。
解答
(1)

《問57》

次の文章のうち、プレーンオプションの売り手の損益について、正しいものを選択。

  • プレーンオプションの売り手は、自分に不利なときには、オプション料を受け取らず、買い手による権利行使を拒否できるので、売り手は損失することがない。
  • プレーンオプションの売り手は、利益額はオプション料に限定される一方、原資産価格と権利行使価格の差が損失となるので、原資産価格が無限大とすれば、その損失額も無限大となる。
解答
(2)

《問58》

次の文章のうち、オプション価格の性質を表す文章として、正しいものを選択。

  • 権利行使期限が到来し、権利行使が行われないオプションは消滅するため、所有するオプションは価値がなくなる。
  • 権利行使期限が到来し、権利行使が行われないオプションは、オプション料が所有者に戻り清算された後、消滅する。
解答
(1)

《問59》

次の文章のうち、オプションの売り手の収支について、正しいものを選択。

  • 権利行使期限が到来し、権利行使が行われないオプションは消滅し、売り手が受け取ったオプション料は買い手に戻される。
  • 権利行使期限が到来し、権利行使が行われないオプションは消滅するが、売り手が受け取ったオプション料はそのまま売り手のものとなる。
解答
(2)

《問60》

次の文章のうち、一般的なバイナリーオプション取引の損益について、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションの買い手の最大損失額はオプション料であり、売り手の最大損失額はペイアウト額からオプション料を差し引いた額となる。
  • バイナリーオプションの最大損失額は買い手、売り手ともにオプション料である。
解答
(1)

《問61》

次の文章のうち、一般的なオプション投資の考え方として、正しいものを選択。

  • オプション価格が安いものを買えば利益も大きい為、常に安い物を買付することが有利となる。
  • 権利行使により利益が得られる確率を踏まえれば、一概にオプション価格が安いものが有利とはいえない。
解答
(2)

《問62》

次の文章について、バイナリーオプションの収益性について、正しい場合には○、誤っている場合には×を選択。

バイナリーオプションは、売り手の損失が限定されており、プレーンオプションに比べ、ローリスクハイリターンな取引といえる。

解答
×

《問63》

次の文章のうち、バイナリーオプションの投資姿勢として、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションは損失が限定的であるので、何も気にせず、好きなだけ取引しても構わない。
  • バイナリーオプションは損失が限定的であるが、投資者自身の資産などを踏まえ、過度の投機的な取引とならぬよう、節度ある取引を心がける必要がある。
解答
(2)

《問64》

次の文章のうち、一般的なバイナリーオプション取引の性質として、正しい場合には○、誤っている場合には×を選択。

ペイアウトを受け取る確率が50%、投資額に対するペイアウトの倍率が2倍を下回る場合の期待収益率は1倍を下回り、予測回収額は投資額を下回る。

解答

《問65》

次の文章のうち、同一の資金で投資した場合のバイナリーオプションとFX取引を比較した文章として、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションは損失額に上限があるためリスクが低く、リターンが大きいので有利である。
  • 投資者に不利な方向に動いた場合には、バイナリーオプションが投資額を全額失うのに比べ、FXは投資額の一部が残る場合があるので、一概にバイナリーオプションが有利とはいえない。
解答
(2)

《問66》

次の文章のうち、日本国内で取引される店頭バイナリーオプション取引の説明として、正しいものを選択。

  • 店頭バイナリーオプションの金融商品としての内容は、取扱金融商品取引業者が異なっても同じである。
  • 店頭バイナリーオプションの金融商品としての内容は、取扱金融商品取引業者によって異なる。
解答
(2)

《問67》

次の文章のうち、日本国内で取引される店頭バイナリーオプションの説明として、正しいものを選択。

  • 同一条件の店頭バイナリーオプションの価格は、取扱金融商品取引業者により価格が異なる(場合がある)。
  • 同一条件の店頭バイナリーオプションの価格は、取扱金融商品取引業者が異なっても同じである。
解答
(1)

《問68》

次の文章のうち、店頭通貨オプションの説明として、正しいものを選択。

  • 店頭通貨オプションの価格は、外国為替市場のように常にオプションの価格を提示している市場を参照することができる。
  • 店頭通貨オプションの価格は、複数の要素に基づく計算値であり、基本的には相対取引で価格は決定される。
解答
(2)

《問69》

次の文章のうち、金融商品の店頭取引の価格について、金融商品取引業者が買値と売値(又は買戻取価格、解約価格)の2つの価格をお客様に提示する場合、一般的には2つの価格には差(スプレッド)がある。このスプレッドについて、正しいものを選択。

  • スプレッドは変化するが、オプションの残存期間がスプレッドに与える影響はない。
  • オプションの期限が近付くと、スプレッドが広がる傾向がある。
解答
(2)

《問70》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

店頭バイナリーオプション取引の場合、金融商品取引業者等が破たんすると、オプションの条件がインザマネーになっていたとしても権利行使が行えない可能性がある。

解答

5. 計算

《問71》

次の文章のうち、一般的なオプション価格の主な変動理由について、正しいものを選択。

  • オプションの価格は、原資産の価格、原資産の価格変動率、権利行使期限までの時間、金利のいずれの影響を受ける。
  • オプションの価格は、原資産の価格や原資産の価格変動率、権利行使期限までの時間、金利のいずれの影響も受けない。
解答
(1)

《問72》

次の文章のうち、オプションの理論価格計算には金利が用いられます。原資産の金利の変化がオプション価格に与える影響について、正しいものを選択。

  • コールオプションの価格は原資産の金利が低くなると下がるが、プットオプションの価格は、原資産の金利が低くなると上がる。
  • コールオプション、プットオプションともに、原資産の金利が低くなると、オプションの価格は上がる。
解答
(1)

《問73》

次の文章のうち、オプションの一般的な特徴として、正しいものを選択。

  • 権利行使価格、権利行使期間が同一のヨーロピアンタイプとアメリカンタイプのオプションでは、アメリカンタイプの方がオプション価格は高い。
  • 権利行使価格、権利行使期間が同一のヨーロピアンタイプとアメリカンタイプのオプションでは、ヨーロピアンタイプの方がオプション価格は高い。
解答
(1)

《問74》

次の文章のうち、一般的なオプション価格の変化について、正しいものを選択。

  • 原資産を買う権利(コールオプション)の場合、原資産価格が下落すると、オプションの価格は高くなる。
  • 原資産を買う権利(コールオプション)の場合、原資産価格が上昇すると、オプションの価格は高くなる。
解答
(2)

《問75》

次の文章のうち、一般的なオプション価格の変化について、正しいものを選択。

  • 原資産を売る権利(プットオプション)の場合、原資産価格が下落すると、オプションの価格は高くなる。
  • 原資産を売る権利(プットオプション)の場合、原資産価格が上昇すると、オプションの価格は高くなる。
解答
(1)

《問76》

次の文章のうち、一般的なオプションの価格変化について、正しいものを選択。

  • アウトオブザマネーのオプションでは、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は高くなる。
  • アウトオブザマネーのオプションでは、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は低くなる。
解答
(2)

《問77》

次の文章のうち、一般的なオプションの価格変化について、正しいものを選択。

  • インザマネーのオプションでは、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は高くなる。
  • インザマネーのオプションでは、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は低くなる。
解答
(1)

《問78》

次の文章のうち、オプションの価格について、正しいものを選択。

  • オプションの価値は、ボラティリティが上昇すれば、コールオプションもプットオプションも共に上昇する。
  • オプションの価値は、ボラティリティが上昇すれば、コールオプションの価値が上昇し、プットオプションの価値は下落する。
解答
(1)

《問79》

次の文章のうち、一般的なオプションの価格変化について、正しいものを選択。

  • 原資産の予測される価格変動率が高いほど、オプションの価格は高くなる。
  • 原資産の予測される価格変動率が高いほど、オプションの価格は低くなる。
解答
(1)

《問80》

次の文章のうち、一般的なオプションの価格変化について、正しいものを選択。

  • 権利行使期限までの残り時間が短くなるほど、オプションの価格は低くなる。
  • 権利行使期限までの残り時間が短くなるほど、オプションの価格は高くなる。
解答
(1)

《問81》

次の文章のうち、オプション価格を構成する本源的価値と時間的価値について、正しいものを選択。

  • オプション価格は本源的価値から時間的価値を差し引いた値である。
  • オプション価格は本源的価値に時間的価値を加えた値である。
解答
(2)

《問82》

次の文章のうち、原資産価格100円、権利行使価格80円、オプション価格45円のときのコールオプションの本源的価値と時間的価値について、正しいものを選択。

  • 本源的価値=20円、時間的価値=25円
  • 本源的価値=25円、時間的価値=20円
解答
(1)

《問83》

次の文章のうち、オプション価格を構成する時間的価値について、正しいものを選択。

  • 時間的価値は、オプションの残存期間を対象とした、将来の期待値であり、本源的価値がゼロであっても時間的価値はプラスとなる。
  • 時間的価値は、オプションの取引開始から現時点までの経過時間を対象とした、過去の実績値であり、本源的価値がゼロであれば時間的価値はマイナスとなる。
解答
(1)

《問84》

次の文章のうち、オプション価格の構成要素とされる時間的価値の説明として、正しいものを選択。

  • 時間的価値は、オプションの権利行使期限までの時間が短くなるほど増加する。
  • 時間的価値は、オプションの権利行使期限までの時間が短くなるほど減少する。
解答
(2)

《問85》

次の文章のうち、一般的なバイナリーオプションの価格について、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションの価格はペイアウト額を上回ることがある。
  • バイナリーオプションの価格はペイアウト額を上回ることはない。
解答
(2)

《問86》

次の文章のうち、バイナリーオプション価格について、正しいものを選択。

  • 一般的には、インザマネーのバイナリーオプションの価格は、ペイアウト額を上回ることはない。
  • 一般的には、インザマネーのバイナリーオプションの価格は、ペイアウト額を上回ることがある。
解答
(1)

《問87》

次の文章のうち、一般的なバイナリーオプションの価格変化について、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションの場合、プレーンオプションと同様に、インザマネーのときには、残存期間が長くなるほど、オプション価格は高くなる。
  • バイナリーオプションの場合、プレーンオプションとは異なり、インザマネーのときには、残存期間が長くなるほど、オプション価格は低くなる。
解答
(2)

《問88》

次の文章のうち、権利行使価格が同じプレーンオプションとバイナリーオプションの価格について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

一般的には、バイナリーオプションの価格は、ペイアウト額が固定されるので、プレーンオプションの価格と比べて低くなる。

解答
×

《問89》

次の文章のうち、バイナリーオプションの価格について、正しいものを選択。

  • アウトオブザマネーのバイナリーオプションは、ペイアウトを受け取る確率が高いため、インザマネーのバイナリーオプションよりも価格が高い。
  • アウトオブザマネーのバイナリーオプションは、ペイアウトを受け取る確率が低いため、インザマネーのバイナリーオプションよりも価格が低い。
解答
(2)

《問90》

次の文章のうち、バイナリーオプションの価格について、正しいものを選択。

  • インザマネーのバイナリーオプションは、ペイアウトを受け取る確率が高いため、アウトオブザマネーのバイナリーオプションよりも価格が高い。
  • インザマネーのバイナリーオプションは、ペイアウトを受け取る確率が低いため、アウトオブザマネーのバイナリーオプションよりも価格が低い。
解答
(1)

《問91》

次の文章のうち、バイナリーオプションの価格について、正しいものを選択。

  • 権利行使期限が近づくにつれて、インザマネーのバイナリーオプションの価格は、ペイアウトの金額から離れる。
  • 権利行使期限が近づくにつれて、インザマネーのバイナリーオプションの価格は、ペイアウトの金額に近づく。
解答
(2)

《問92》

次の文章のうち、バイナリーオプションの価格について、正しいものを選択。

  • 権利行使期限が近づくにつれて、アウトオブザマネーのバイナリーオプションの価格はペイアウトの金額に近づく。
  • 権利行使期限が近づくにつれて、アウトオブザマネーのバイナリーオプションの価格はゼロに近づく。
解答
(2)

《問93》

次の文章のうち、権利行使期間(期限)が1日未満のバイナリーオプションの価格について、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションの価格は、原資産価格の変化の影響を受けるが、権利行使期限までの残存時間の変化の影響は受けない。
  • バイナリーオプションの価格は、原資産価格の変化の影響を受けるとともに、権利行使期限までの残存時間の変化の影響も受ける。
解答
(2)

《問94》

次の文章のうち、オプションを含め、デリバティブ取引における理論価格の計算に用いられるボラティリティには、ヒストリカルボラティリティとインプライドボラティリティの2種類のボラティリティがあります。このうち、インプライドボラティリティについて、正しいものを選択。

  • インプライドボラティリティとは、原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティのことである。
  • インプライドボラティリティとは、原資産に対する過去の変動率の実測値に基づくボラティリティのことである。
解答
(1)

《問95》

次の文章のうち、オプションを含め、デリバティブ取引における理論価格の計算に用いられるボラティリティには、ヒストリカルボラティリティとインプライドボラティリティの2種類のボラティリティがあります。このうち、ヒストリカルボラティリティについて、正しいものを選択。

  • ヒストリカルボラティリティとは、原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティのことである。
  • ヒストリカルボラティリティとは、原資産に対する過去の変動率の実測値に基づくボラティリティのことである。
解答
(2)

《問96》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

デルタとは、原資産価格の変化に対するオプション価値の変動割合をいう。

解答

《問97》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

オプションの価格を形成する要素には原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利があるが、権利行使価格を除き、他の要素は刻々と変化し、オプションの価格も変化する。したがってオプション取引のリスクを管理していくためには、それぞれの要素の変化とオプション価格の変化の関係を理解する必要がある。

解答

《問98》

次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

オプションの価格を形成する要素には原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利があるが、権利行使期限までの期間が短いオプションの場合、それぞれの要素はオプションの権利行使期限まで一定であるので、オプション取引のリスクを管理するときには、特に考慮する必要はない。

解答
×

《問99》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • オプション価格の理論式として、ブラック・ショールズ・モデルが広く用いられている。
  • オプション価格の理論式は様々で、広く用いられているものはない。
解答
(1)

《問100》

次の文章のうち、正しいものを選択。

  • バイナリーオプションの理論価格計算には、ブラック・ショールズ・モデルを修正した計算モデルが広く用いられている。
  • バイナリーオプションの理論価格計算には、広く用いられているものはない。
解答
(1)

解答一覧

1 ×
2
3
4
5
6 (2)
7
8
9 (1)
10 (1)
11 (2)
12 (1)
13 (2)
14 (1)
15
16
17 (2)
18 (1)
19 (1)
20 (2)
21 (1)
22 (1)
23 (1)
24 (2)
25 (2)
26 (1)
27 (2)
28 (2)
29 (1)
30 (2)
31 (2)
32 (2)
33 (2)
34 (1)
35 (1)
36 (1)
37 (1)
38 (2)
39
40 (1)
41 (2)
42 (1)
43 (1)
44
45
46
47
48 (1)
49 (1)
50 (2)
51 (1)
52 (2)
53 (2)
54 (1)
55 (2)
56 (1)
57 (2)
58 (1)
59 (2)
60 (1)
61 (2)
62 ×
63 (2)
64
65 (2)
66 (2)
67 (1)
68 (2)
69 (2)
70
71 (1)
72 (1)
73 (1)
74 (2)
75 (1)
76 (2)
77 (1)
78 (1)
79 (1)
80 (1)
81 (2)
82 (1)
83 (1)
84 (2)
85 (2)
86 (1)
87 (2)
88 ×
89 (2)
90 (1)
91 (2)
92 (2)
93 (2)
94 (1)
95 (2)
96
97
98 ×
99 (1)
100 (1)

通貨関連店頭バイナリーオプションを取り扱う本協会の会員業者のホームページには、バイナリーオプション取引を適切に行うために必要と考えられる基礎知識に関する解説等が掲載されています。上記問題に係る知識については、バイナリーオプション取扱会員各社のホームページをご覧ください。また、金融広報中央委員会ウェブサイト「知るぽると」
http://www.shiruporuto.jp/finance/kinyu/deriv/deriv304.html)には、オプションの基礎知識が掲載されています。

※問86に誤りがありましたため修正いたしました。(2013/8/19)